●クリーナー/洗浄剤

●ブラシ

●ウェス/スポンジ

●本革シート関連

●掃除機/容器/ガン

●消臭剤




●コンパウンド/研磨剤

●コーティング剤/ワックス

●シャンプー/水垢除去剤

●鉄粉除去剤/さび落し

●バフ

●スポンジ/ウェス/ペーパー

●ヘッドライト関連




●アルミホイールクリーナー

●タイヤワックス各種

●鉄粉除去関連/さび落し




●うろこ除去剤/洗浄剤

●撥水剤/保護剤

●ガラス磨きアイテム




●液体軟化剤

●のり除去剤

●専用ヘラ/ガン/ボトル

●機材/SLディスク

●文字消し剤




●洗浄剤/クリーナー

●艶出し/ワックス




●セット商品

●便利アイテム



 

トップ > ボディーポリッシュ > シャンプー/水垢除去剤 > プラクリーン(オートスポンジ付)(1L)

プラクリーン(オートスポンジ付)(1L)

ヘッドライトの黄ばみ/くすみ/曇り/白濁はもちろん、ペーパー研磨後の鏡面化にも活躍するヘッドライト専用磨き剤です。2種類の特殊コンパウンドをバランスよく配合しており、他磨き剤には無い効果をもたらします。また、磨き(黄ばみ取り)と同時に黄ばみ等の再付着を防止するコーティング被膜を形成する事ができ、持続性は最低でも3〜4ヶ月です。これらの高い性能が同時に発揮でき、作業時間も早いです。なお、石油系溶剤は一切含んでおりません。以上の、能力が評価され、板金塗装業界専門誌【ボデーショップレポート】に特集記事の1番に掲載され、認められました。

価格 : 4,104円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ







業務用ヘッドライト磨き剤のプラクリーンは、ヘッドライトの黄ばみや曇り、白濁、くすみ等のヘッドライトの
汚れが除去できます。そのヘッドライトの黄ばみ除去能力は強力で、頑固な黄ばみでも綺麗に除去できま
す。






プラクリーンはただのヘッドライトの黄ばみ除去剤ではありません。黄ばみ除去作業をしている間に同時
に、その黄ばみの再付着を防止するヘッドライトコーティングができるんです。黄ばみは落したら再び黄ば
む危険性がありますが、プラクリーンなら同時にコーティングをしているので安心です。




高いヘッドライトの黄ばみ除去能力は、手作業で簡単に行う事ができます。付属のスポンジにプラクリーン
を適量付けて擦っていきます。誰でも施工できるこの作業手順で、ヘッドライトの黄ばみが綺麗に除去でき
、同時にヘッドライトコーティングまでできます。






プラクリーンをヘッドライト磨き専用バフにつけ、ポリッシャー磨きでもプラクリーンは活躍します。ポリッシ
ャーの回転力、バフの切削力にプラクリーンの黄ばみ除去能力が加わり強力に黄ばみ除去ができます。
また、さらに粗いコンパウンドや間違ったコンパウンドで磨き、傷になってしまったヘッドライト表面の鏡面
仕上げにも使えます。(傷は程度や状態によって左右されるので、一概に全ての表面を鏡面にできるわけ
ではありません。)






プラクリーンは一般的なヘッドライト黄ばみ取り液剤のように1種類のコンパウンドだけではなく、ヘッドライト
研磨に特化した特殊なコンパウンドが2種類配合されています。ヘッドライト黄ばみ取りをするにあたり、効
率的かつ効果的にヘッドライトの黄ばみ除去ができるよう開発された業務用コンパウンド。これが2種類も
含まれている贅沢なヘッドライトコンパウンドです。




プラクリーンに付属しているスポンジは、ボディーコーティングやボディー洗車にも使われる業務用
スポンジで、丈夫な持ち手がスポンジの逆側に施されており、力が対象物に伝えやすく擦る作業の
クォリティーが増します。







プラクリーンは一般的なヘッドライトクリーナーに比べて内容量が多く経済的です。1台あたりのコストが安価になり、1本あれば多くの台数のヘッドライト黄ばみ取りができます。また、同時にヘッドライトコーティングもできるので、別にヘッドライトコーティング剤を購入しなくても済むので低コストでヘッドライト黄ばみ取り〜ヘッドライトコーティングが実現します。






ヘッドライトをポリッシャーで磨く場合、ヘッドライト表面が溶けてしまう負担を考慮して磨かなくてはなりま
せん。これはボディーコンパウンドや一般的なコンパウンドに含まれる石油系溶剤が原因です。プラクリ
ーンには、この石油系溶剤は一切含まれていません。つまり、ヘッドライトの溶けの心配がなくヘッドライト
磨きができます。これにより、ヘッドライトのポリッシャー磨きが安全にできるばかりか、溶ける心配がなく
なるので気にせず早くできます。



 


 

 

 




 

400ccサイズはこちら

ページトップへ