●クリーナー/洗浄剤

●ブラシ

●ウェス/スポンジ

●本革シート関連

●掃除機/容器/ガン

●消臭剤




●コンパウンド/研磨剤

●コーティング剤/ワックス

●シャンプー/水垢除去剤

●鉄粉除去剤/さび落し

●バフ

●スポンジ/ウェス/ペーパー

●ヘッドライト関連




●アルミホイールクリーナー

●タイヤワックス各種

●鉄粉除去関連/さび落し




●うろこ除去剤/洗浄剤

●撥水剤/保護剤

●ガラス磨きアイテム




●液体軟化剤

●のり除去剤

●専用ヘラ/ガン/ボトル

●機材/SLディスク

●文字消し剤




●洗浄剤/クリーナー

●艶出し/ワックス




●セット商品

●便利アイテム



 

トップ > ボディーポリッシュ > ヘッドライト関連 > Jスーパー 20cc(ヘッドライト用)

Jスーパー 20cc(ヘッドライト用)

ヘッドライト専用の業務用コーティング剤です。ガラス繊維でできたヘッドライト専用のガラスコーティング剤。車のボディ用のガラスコーティング剤ではなく、ヘッドライト専用のガラスコーティング剤です。ヘッドライトから黄ばみやくすみ、白濁などの外的要因から守るコーティング被膜を形成できます。このJスーパーを単体で施工した場合、そのヘッドライトコーティング被膜び持続期間はおおよそ1年6か月です。これでも十分な期間、ヘッドライトを黄ばみからガードしてくれますが、このJスーパーにはさらにコーティング効果を上げる方法があります。それは、ヘッドライトWコーティングをする事。もう1つのヘッドライト専用コーティング剤の、プラスチック保護剤Jを施して、その上からこのJスーパーを施す、2層のWコーティングをするのです。プラスチック保護剤Jは、ヘッドライトコーティングができる上に、ヘッドライト表面の小傷を埋め込む効果があります。この上から、ガラスコーティング剤のJスーパーを施すのです。このヘッドライトWコーティングシステムの持続期間は、驚異の3年です。

価格 : 4,104円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ



ヘッドライト専用のコーティング剤です。ボディーコーティング剤では馴染みのあるガラスコーティング剤をヘッドライト用に開発したヘッドライト専用のガラスコーティング剤です。




Jスーパーは、ヘッドライト用のコーティング剤には希少なヘッドライト専用のガラスコーティング剤。その耐久性は素晴らしく、長期間そのコーティング性能、輝きが持続します。 





Jスーパーを単体でヘッドライトにコーティング加工した場合のコーティング被膜の持続期間は、最低でも1年6か月以上です。1年半もの間、ヘッドライトをコーティング被膜が覆い、ヘッドライトを黄ばみやくもりなどの外的要因からガードしてくれます。




Jスーパーを施せば、ヘッドライトを黄ばみや曇り、白濁などから強力に守ってくれます。ヘッドライトの黄ばみは除去後に再び付着してしまいます。上からコーティングを施してそれらの再付着を防止しましょう。 





1,
Jスーパー適量をスポンジに塗布します。おすすめのスポンジは、フェルトスポンジ。フェルト素材になっているスポンジで、コーティング施工のムラを軽減してくれます。



2、
ヘッドライトに対し、1度塗りをします。



3、
即ファイバーウェスで拭き取ります。

※初期硬化被膜は5分程度で完成しますが、完全な被膜完成には30分程度かかります。完全に被膜ができた後も24時間程度は雨等水に当てないで下さい。









 



ヘッドライトに対して一般的な1層の単純なコーティングではなく、それぞれ成分の異なるヘッドライト専用のコーティング剤を2回に分けて2層施して事で、1層のコーティングには生み出せない非常に優れたヘッドライトコーティング加工ができるヘッドライトWコーティングシステムです。




ヘッドライトWコーティングシステムで得られるコーティングの持続性は、ヘッドライトコーティングにおいて圧倒的に優れた2〜3年間(下地の状態によって多少の誤差がある)です。これほどまでに長い間持続するヘッドライトコーティングは稀で、ヘッドライトコーティングがビジネスになるばかりか、プロの方々のヘッドライト施工メニューが売りになるハイレベルヘッドライトコーティングが実現します。 




ヘッドライトコーティングでこれだけ長期間に渡ってコーティング被膜が持続するシステムは非常に希少です。長期間や1年などの表記のヘッドライトコーティングはあっても、持続期間3年の圧倒的な数字を出しているヘッドライトコーティングシステムは業界でもなかなかありません。







ヘッドライトWコーティングシステムのメリットは、その圧倒的な持続期間が目立ちますが、それだけではありません。1層目のプラスチック保護剤Jを塗り込み、ヘッドライト表面の小傷を埋め込んだ真の平らな状態の上から、ヘッドライト専用のガラスコーティング剤のJスーパーが乗って、ヘッドライトの透明感が急激に増します。そのクリアーを超えた超クリアーなヘッドライトは、1層のコーティングに比べ高く、新車時の状態に限りなく近づきます。






ヘッドライトコーティングを施工メニューにし売上を上げる中古車業界のプロの業者。その作業内容、仕上がりは上級レベルを求められ、コーティングの持続期間も長いものが求められます。このWコーティングシステムならコーティングの持続期間が3年。この業界で圧倒的な数字を掲げる事ができながら、究極のクリアー感を取り戻せる高い仕上がりレベルを提供できるので、プロの仕事に成りえます。ヘッドライトコーティングを施工メニューにし、お客様から施工料金をいただく。これには、中途半端な内容では依頼もありませんし、信頼も失います。このヘッドライトWコーティングシステムなら、3年の持続性、究極の仕上がりレベルでヘッドライトコーティングをビジネスにできます。









ヘッドライトWコーティングシステムは、2つのヘッドライト専用コーティング剤を2層に分けて施します。どちらも他箇所用のコーティング剤ではなく、ヘッドライト専用のコーティング。この2つのコーティング剤が強力に密着して、相乗効果を生み出して、究極のヘッドライトコーティングを作り出します。どららか片方だけでもダメ、他の液剤でもダメ。プラスチック保護剤J、Jスーパー、この愛称抜群のヘッドライト専用コーティング剤だからこそ得られる効果です。







ヘッドライトWコーティングはまず、1層目に特殊素材コーティング剤のプラスチック保護剤Jを塗り込みます。そして、2層目にヘッドライト専用ガラスコーティング剤のJスーパーを施します。それぞれ成分の異なるヘッドライト専用のコーティング剤が相性よく強力に密着し、ヘッドライトを強力にコーティングしてくれます。 




2層のWコーティング...。なんだか作業が難しく面倒なイメージを持たれているかもしれませんが、そんな事はありません。究極の仕上がりレベル、持続期間3年、これだけ多くの大きなメリットが得られながら、その作業方法は決して難しくありません。では、作業方法をご紹介します。






1,
クリアー層がある状態、クリアー層がない状態のどちらの状態であっても、ヘッドライト表面に黄ばみや白濁がないようにクリーニングします。



2,
付属のピンクスポンジ(100ccサイズのみ)にプラスチック保護剤Jを適量つけます。



3,
ムラのないように塗り込んでいきます。



4,
液が乾かないうちにタオルやウェスなどで拭き取ります。最終仕上げにカラ拭きすれば完成です。ヘッドライト表面の小傷が埋め込まれ、最低でも6か月以上持続するヘッドライト黄ばみ防止高級特殊樹脂コーティングが施されています。







1,
Jスーパー適量をスポンジに塗布します。おすすめのスポンジは、フェルトスポンジ。フェルト素材になっているスポンジで、コーティング施工のムラを軽減してくれます。




2、
ヘッドライトに対し、1度塗りをします。




3、
即ファイバーウェスで拭き取ります。

※初期硬化被膜は5分程度で完成しますが、完全な被膜完成には30分程度かかります。完全に被膜ができた後も24時間程度は雨等水に当てないで下さい。





※ヘッドライトWコーティングの効果は、ヘッドライトの下地処理が成された状態での作業に限ります。
 

ページトップへ